営業リストのリスクを勉強

安全な営業リストを手に入れる

安全な営業リストを手に入れる

安全な営業リストを手に入れる 営業行う人にとって、自分の業務エリアで新たな営業先を見つけるために有効に活用できるのが営業リストですが、しらみつぶしに地域のお店や会社などを調査して自分で作ろうと思うとなかなか大変なものです。そんな時に便利なのが、営業リストの作成を行っている会社や作成ツールなどですが、それらも使い方によって効果は異なります。
無料で利用できるものから有料のもの、月額料金制のものまで様々な営業リスト作成会社やツールがありますが、安全に利用したいと思うのであれば、やはり有料のもので、多くの人が利用している実績のあるものを選ぶと良いでしょう。会社やツールにもありますが、無料のものの中にはあまり有効に活用できない営業リストを作成するようなものや、店に近辺の住所リストだけをピックアップしているものもあるため、場合によっては思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。どうしてもコストを低く抑えたいと思ってしまいがちですが、安全な営業のためには多少の出費は必要なのです。

売買は法律に抵触する心配はないのか

売買は法律に抵触する心配はないのか 営業リストは販売もされていますが、これを利用することが法律に抵触しないかという心配については、適正に行っているものであれば認められているので問題ありません。
氏名や住所、電話番号などの個人や企業を特定する情報は個人情報保護法で守られているので、同意を得ずに提供すれば違法になります。しかし、全てが規制されているわけではなく、例えば市販されているリストを基にして営業リストを新しく作ることは可能です。消費者庁でも、どのような情報が掲載されいるのかサイト上で明示していれば販売しても良いとされているので、取り締まりができません。ただし、認められているのは正規に入手した情報を使ったものに限定されています。
不正に入手した情報は販売する側も買取る側も禁止されているので、違反していれば罰せられる可能性があります。そのため、営業リストを作成するために情報の買取をするときには、それが適切なものであるのか確認が必要です。

新着情報

◎2022/11/11

情報を更新しました。
>持ち歩く営業リストでいつでも閲覧して業務を効率化
>営業リストの名前の補足をすることはとても大事になる
>営業リストを上手に使うには自分流が重要なポイント
>営業リストを活用して営業成績をアップさせよう!
>仕入先や営業リスト監理の有効活用について

◎2019/9/24

需要は高まっている
の情報を更新しました。

◎2019/7/23

安全な営業リストを手に入れる
の情報を更新しました。

◎2019/5/30

名刺を営業リストにする
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

営業リストの情報源
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

営業リストの問題点
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「リスト 安全」
に関連するツイート
Twitter

返信先:少しそーっと呟きます😎 バランス良く挟むって実はとっても得策。リスト職人でMV応援案内してますが「ランダムで」と良くお知らせしてます😊公開直後にデータを見守ってるカウンタさんの案内で強火で走る以外は「走る」って必ずしも安全じゃないんですよね😅mochaさんいつもありがとうございます🫶

鉛が入ってるからダメだと安管掛に鉛はんだ取り上げられので、鉛フリーはんだを買ってきた。こちとら素人だからフラックス無いととても使えないのでフラックスも買った。したっけそれは弊所許諾薬品リストに無いと言って取り上げられてしまった。 安全は全てに優先する

返信先:とにかく安全第一、マイナスの体験を重ねないのが第一なので いけない場所はたくさんあります 我が家のNGリストは、大きな乗り換え駅、デパートの化粧品売り場、家電量販店の照明売り場、スピーカーがたくさんあるスーパー、ドンキ、子どもがたくさん集まる公園、子ども向けイベント会場、その他色々

ISA、選挙管理者が投票所を安全にするために物理的セキュリティチェックリストを公開 CISA Releases Physical Security Checklist to Help Election Officials Secure Polling Locations

返信先:防げて良かった! アマとかで買い物した時、急に詐欺メールが増えたりするから業者がリスト売ってるんだろうなと思ってる🥲 お店で直接買うのが1番安全だけど、そうもいかないことがあるから防ぐの難しいよね。